自宅にいながら相談ができる、電話占い

最近では、占いはとても身近なものになりました。朝、今日の運勢を調べるのが日課になっている人も多いのではないでしょうか。占いとは、人間が集団で生活するようになると同時に、集団のまとめ役として神がまつられ、神の言葉が掟として定められたのが始まりだと言われています。祈祷師と呼ばれる人が、占いをもとに政治に対して助言したり、災いから国を守ったりしたとされています。たとえば日本では、邪馬台国の女王卑弥呼が占いを用いて政治を行っていました。

長い歴史の中で、占いにはさまざまな種類が作られてきました。易・タロットのような偶然性を用いる方法、占星術・手相のように実世界と独立して存在する体系を用いる方法などがあります。大まかな占術の分類として、易やタロットのような偶然性を用いる方法をト術、占星術や四柱推命など、誕生日などの先天的要素によって全体的な運勢を占う占術を名術と呼んで区別します。観相学や風水などの、環境によって大きく左右される占術は相術と分類されます。古くから占いは、対面鑑定が主流でした。しかし最近では、インターネットの普及などにより、電話占いが流行しています。電話占いとは、遠距離で来訪が難しい人でも、占い師に電話で占ってもらえるサービスのことです。自宅にいながら色々な先生の占いが受けらけます。では、電話占いの流れはどのようなものでしょうか。

まず、占ってもらいたい先生や希望の占いを見つけ、電話をかけます。名前、生年月日、連絡先などの情報を伝えます。料金がどのくらいかかるかも確認しておくといいでしょう。先生からコレクトコールで電話がくるか、こちらから占いの先生にかけるかで、電話占いはスタートします。会社によっては通話料が無料のところもあります。占いが終わると、鑑定時間を確認し、その分の鑑定料金が伝えられますので、期日までに支払いましょう。クレジットカード払いや、銀行振り込みなどが一般的です。生きていくと、いろいろな悩みに直面します。家庭、仕事、恋愛、健康の悩みなどさまざまです。誰かに相談したい、アドバイスがほしい、そう思うことも多いでしょう。そんなとき、電話占いなら、自宅にいながらすぐに相談することが可能です。抱えている悩みを受け止め、理解しようとしてくれます。また、占ってもらうことによって、自分でも気づかなかった自分自身の本当の気持ちが見えてくるかもしれません。気軽に相談でき、良き理解者になってくれる電話占いを、ぜひ試してみてください。

Leave a Reply